遮光機能付きカーテンとは

厚手のカーテンには様々な機能がありますが、その中に光を遮る機能に特化した遮光カーテン、というものがあります。生地の素材選びや織り方を工夫し、裏地にコーティングを施すことで遮光性を高めています。室外からの光を大幅にカットできるので、安眠を保つために寝室や、西日が入りすぎる部屋などに設置するのがおすすめです。一方で、生地の内側に黒い糸を混ぜているものが多く、インテリア性においてそれほど優秀ではありません。グレーやカーキなど、表地に黒が透けてくるため、薄暗い色になりがちです。また、レースカーテンの一種である遮像カーテンとは、機能性が異なりますので注意しましょう。あちらは外から中を見えにくくするためのカーテンです。

遮光性の高さを表す遮光等級

カーテンの遮光性には、インテリア全般を扱う社団法人が定めた、遮光等級というものがあります。どのくらいの割合で光を遮るかによって等級が定められており、99.40%以上であれば遮光カーテンとして扱われます。遮光率99.40%以上の3級遮光だと、カーテンを閉めきって室内灯を消した部屋において、「人の表情はわかるが事務作業には暗い」程度の明るさとなります。2級では99.80%以上の遮光率となり、「人の顔あるいは表情がわかる」レベルです。遮光率が99.99%以上のものを1級遮光カーテンと呼び、「人の顔、表情が識別できない」レベルの暗さとなります。また、同じ構造のカーテンでも生地の色によって、等級や実際の遮光性に差が出ることがあります。より遮光性の高いカーテンを求めるならば、色の濃いカーテンを選ぶとよいでしょう。