カーテンを選ぶ時に注意すべきポイント

住宅環境によっては日中の屋外での騒音が気になるというケースも多くあります。こうした問題を解決してくれるのが防音カーテンです。文字通り音を遮る、吸収することを目的に作られている防音カーテンであれば、余計な騒音に頭を悩ませることもなくなります。とはいえ、一口に防音カーテンと言っても商品によって機能性は大きく異なるため、購入時にしっかりと見極めなくてはいけません。より高い防音性を求めるのであれば、糸の密度が濃い物を選ぶことがポイントになります。ただし、密度の濃いカーテンは防音や社交性に優れている反面、重量がかさんでしまうので注意が必要です。重量が原因でレールが耐えられずに変形してしまうケースもあるので、レールの耐久性を確認することも忘れてはいけません。

効率良く防音効果を高める秘訣

防音カーテンの機能をより活かす上で重要となるのが隙間を埋める作業です。カーテンは性質上、上下左右に若干の隙間ができてしまいます。どんなに防音性の高い商品を選んでも、隙間が空いていればその部分から音が侵入してくるようでは意味がありません。そのため、隙間を埋める作業が必要になります。基本的な対策として挙げられるのがサイズ選びで、窓よりも大きめの寸法の商品を購入するのがポイントです。それでも埋められない場合は、横や床の部分は画鋲やテープを使って貼り付けることで塞ぐことができます。カーテンレールの隙間は専用のレールカバーが最適です。部屋側に取り付ける物だけでなく、窓側に設置するレースのカーテンも同様に防音性に優れた物にするとより効果的があります。