遮光機能付きカーテンとは?

遮光機能付きのカーテンとは、文字通り「光を遮ることができるカーテン」になります。一般的なカーテンよりも光の通過率が低く、日中の明るい時間帯でも部屋を暗く保つことができます。遮光機能付きのカーテンは、どのようにして光を遮るのでしょうか。まずカーテンに裏地を貼り、光を通しにくくするという方法があります。また黒い糸をカーテンを織る時に混ぜることにより、光を吸収、遮る効果を生んでいるものもあります。さらにカーテンを樹脂などでコーティングしたものもあります。いずれの方法でも、外の光を99%以上カットすることができます。遮光機能付きカーテンには、「遮光一級」「遮光二級」「遮光三級」というランク分けがされていますので、購入する時はチェックしてみましょう。

遮光機能付きカーテンのメリット!

遮光機能付きカーテンのメリットは、光を遮ってくれることです。例えば、夜間勤務をしている人は、日中にぐっすりと眠りたいと思うはずです。普通のカーテンでは光が漏れて眠りにくい場合でも、遮光機能付きカーテンなら、99%以上の光をカットできるため、暗い環境の中、ぐっすり眠れるかもしれません。西日が強い部屋に住んでいる人も、遮光機能付きカーテンを西側の窓に付けることで、西日を遮ることが可能になります。また遮光機能付きカーテンは、光だけでなく熱をカットすることもできます。夏の暑い日は窓を通じて外気が漏れてくるため、部屋の温度が高くなります。遮光機能付きカーテンを南側の部屋に付けるだけで、部屋の温度の上昇を抑えることができます。エアコン代の節約にもつながります。